ニキビ跡を皮膚科で治す

ニキビ跡は皮膚科でも治せます

ニキビ跡ができるのは、ニキビを潰したのが原因にあげられます。
ニキビを潰すと中の膿が出てきます。
確かに目立ちにくいかもしれませんが、膿を出したあと適切に処置をしないと、それが深い傷跡になってしまいます。

 

ニキビを潰すと皮がめくれるように見えますが、実は深いところまでニキビの膿を出そうとするから傷も深くなります。
その結果、皮膚の表面どころか奥深くまで傷がついて、ニキビ跡になるのです。

 

ニキビ跡はピーリング

ニキビの状態であれば、表面からケアをすることで治っていきます。
ただしニキビケアとニキビ跡はまったく違うケアをしなければいけません。

 

ニキビ跡は傷跡なのです。

 

肌が荒れているのと、火傷跡というくらい違いがあるのです。
ニキビ跡は火傷跡のように深くえぐれている状態です。

 

また肌を深く切ると何年も治りづらいですよね。
徐々に目立たなくなっていくものですが、顔の部分にあるニキビ跡は早く治したいもの。
そういうときはピーリングです。

 

ピーリングはかなり薄い酸性の薬品をお肌の表面につけて、古くなった角質を剥がす治療です。
古い角質を剥がすと新しいお肌が再生していきます。
これを繰り返すことでニキビ跡を薄くして目立たなくしていくことができます。

 

いまは保険もきくピーリング

以前はピーリングは保険適応外でした。
最近はどこの皮膚科でも保険内でのピーリングをしてくれるところが増えています。
また美容外科などでもピーリングを行っているところがあります。
ニキビ跡で悩んでいるのであれば一度皮膚科を受診してみてくださいね。